CORPORATE

会社案内

トップメッセージ

がん治療に革命が起きています。

2010年に、本州最北端に位置する弘前大学で「非天然型ブドウ糖であるL-グルコースが高い選択性をもってがん細胞に取り込まれる」という現象が見つかりました。天然に普通に存在するブドウ糖(D-グルコース)の鏡像異性体(isomer)をL-グルコースと呼びます。L-グルコースは自然界にはほとんど存在せず、仮に化学合成して与えても正常細胞はこれを認識せず取り込まないことが古くから知られていました。ところが、がん細胞はL-グルコースを取り込むことができる、という全く予想外の現象の発見でした。

詳しく調べていくと、L-グルコースの取り込みを示すがん細胞は、Warburg効果として古くから知られている悪性の腫瘍細胞に認められることもわかってきました (Ono K. 他Cancers 2020) 。そこでオルバイオ株式会社(ORBIO Corporation)は、この現象を逆手に取り、一つ一つの細胞の違いを可視化する高精度がん診断技術の開発に加え、正常細胞に取り込まれない性質を利用した副作用の少ないがん治療薬の開発を進めてきました。

個別化医療へと向かう現在のがん医療は、今、遺伝子異常やタンパク発現の多様性に対応する薬剤開発という難しい問題に直面しています。これに対してL-グルコースを用いる方法は、遺伝子やタンパクの側に注目したアプローチではなく、増殖する細胞が必要とする栄養素に新しい角度から焦点を当てる技術です。

異常な増殖能を示す細胞に共通する栄養摂取や代謝の異常という細胞の生理現象を捉えることにより、このような異常な糖の取り込みを示さない良性腫瘍(腺腫)とも細胞単位で識別できる可能性があり、個人による違いや、腫瘍内の部位による違いといったがんの多様性を超えた新しい抗がん剤を実現できる可能性があります。また正常細胞に取り込まれないL-グルコースの優れた性質は、副作用の大幅な低減につながります。このような戦略に基づき、オルバイオ株式会社は、高いがん選択性を示す抗がん剤候補分子CLGとALGの開発を進めています。

オルバイオ株式会社は、がん細胞にこれまでにない高い選択性を示すL-グルコースをドラッグ・デリバリー・システム(DDS)として利用する“がん特異的細胞治療法”を医療実装し、膵臓がん・胆道がん・卵巣がん・肉腫など難治がんの治療を革新します。

スローガン

L-グルコースで〈がん治療〉を革命する

ビジョン

L-グルコースをドラッグ・デリバリー・システム(DDS)として用いた「膵臓がん・胆道がん・卵巣がん・肉腫など難治がんの治療薬」を、1日でも早く社会にお届けします。

ミッション

  1. 1.L-グルコースを結合したオルバイオ分子により、難治がんの患者様に完治の希望をお届けします。
  2. 2.L-グルコースをプラットフォームとする新しい治療モダリティをがん医療に導入します。

バリュー

  • 高く大きい志
  • 革新をかたちにする技術
  • 失敗を恐れず挑戦する行動
  • 謙虚、誠実、真摯

社名 ORBIOとは

Oncotherapy Revolution By Isomeric Organics

沿革

2018年4月 京都大学において創業
2020年1月 縁故増資 1,800万円
2020年2月 本社移転
2021年2月 シード増資 8,600万円
2021年4月 弘前大学・大学院医学研究科にオルバイオ共同研究講座『分子輸送学講座』を新設
2022年5月 シード増資エクステンション 3,000万円

会社概要

会社名 オルバイオ株式会社
英語社名 ORBIO Corporation
設立年月 2018年4月
資本金 7,054万円
従業員数 5名
事業内容 がん治療技術の研究開発 がん診断薬・治療薬の創製
本社 〒602−0841 京都市上京区河原町通今出川下る梶井町448番地5 クリエイション・コア京都御車
HP:https://orbio.jphttps://orbio.jp
弘前大学ラボ 〒036-8562 青森県弘前市在府町5
弘前大学大学院医学研究科 弘前大学「オルバイオ共同研究講座 分子輸送学講座」
HP:https://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~transport/jp/index.htmlhttps://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~transport/jp/index.html